オーストラリア・バイロンベイでアユールヴェータライフを送っている香奈先生の日々の食事便り。今回はラサヤナ(アーユルヴェーダ的若返り)重視の朝ごはんの紹介です。

food4-2

栄養のあるものは朝6時~10時に

朝ごはんには必ずチャイと穀物に加えて、お野菜やフルーツをいただいています。

朝の時間はドーシャクロック(わからない方はこちらの記事をどうぞ)のカファの時間。水と土のエレメントが強くなるこの時間は、食べたものがしっかりと身体に吸収される時間です。

ということは、栄養のあるもの、身体に良いものは朝の6時から10時に獲りましょう、という考え方。この考え方をラサヤナといいます。

チャイのつくりかた

チャイは生姜とカルダモンシードとシナモンを入れています。スパイスはその効能が出やすいよう、水から入れて煮たたせます。3/4カップの水に生姜のスライス、カルダモンの皮を砕いて黒い実が出た状態のものとシナモンを入れて、水を煮たたせ(スパイスは適量。お好みで調整)、沸騰したら茶葉を小さじ1程度、その後すぐにミルクを1/3カップ入れます。ふたたび沸騰させたら完成です。

お砂糖はサトウキビのジュース

甘みにはジャガリーというサトウキビのジュースを煮詰めたお砂糖を使っています。アーユルヴェーダで良く使われるこちらのお砂糖は精製されていないため、消化がゆっくりで身体に負担になりません。スパイスのジンジャーは消化促進と温め効果、カルダモンは食欲増進と冷却効果、シナモンは即効性のある温め効果があります。フェンネルシードもお好みで加えると香りが増しますが、こちらは血圧上昇効果があるので、高血圧の方にはオススメしません。

ラサヤナタイムをうまく活用して、アーユルヴェーダ的朝ごはんを是非実践してみてくださいね。

(ニーマルヨガ認定講師/岩崎香奈)


前の記事体質、時間帯、季節等にあわせて食事をする
次の記事ランナーにおすすめのヨガポーズ
岩崎香奈
岩崎 香菜(いわさき かな) ニーマルヨガ認定講師 オーストラリア・バイロンベイ在住。ニーマルヨガ認定講師、全米ヨガアライアンスRYT500取得、バイロンアーユルヴェーダカレッジ在籍。ネパール出身のアーユルヴェーダドクターでもあるヨガ講師、ニーマル・ラージ・ギャワリ氏のヨガとアーユルヴェーダの教えを生活に取り入れたところ、持病のアトピー性皮膚炎の完治や、日々エネルギーにあふれる生活を送れるようになったことでヨガの魅力に気付く。 マーケティングエージェンシーとして働きつつヨガとアーユルヴェーダを学ぶ中、日々の忙しさや困難な出来事も、毎日の瞑想やヨガの練習、マインドの使い方により難なくこなせるようになったことを実感。そんな課題を達成した頃、「学びたいことができたら海外で」という夢を叶えるため、大好きな地オーストラリアのバイロンベイでアーユルヴェーダカレッジに通うことを決める。海に面しナチュラル志向が強く大好きなバイロンベイで、絶賛アーユルヴェーダライフを送っている。ヨガやアーユルヴェーダに関する執筆や、翻訳の仕事もこなす。