著者 からの投稿 寿絵美子

寿絵美子

寿絵美子
2 投稿 0 コメント
高校時代に体調を崩し思うように運動ができずマネージャーとして部活動に参加、そこから「体を見立てる」ことに興味を持つ。体調が改善した大学時代は夢中で体を動かす。卒業後は某アパレルメーカーに就職、営業~経理と時間に追われ仕事をしていた頃、スポーツクラブでYogaと出会う。 自他共に認める身体の硬さ。「ケガなくパフォーマンスを上げるには?」という思いからYogaを通じて柔軟性と向き合うことを決意。自分と向き合いYogaを突き詰める中で、もっと身近な仲間や自身の可能性を引き出したいと願う方々にYogaを伝えたいという想いが強くなり、ヨガインストラクターの道へ。そして自分らしくYogaを伝えられる場所を、と一念発起して本格的に独立し、スタジオを開設。 レッスンのモットーは『心に笑顔を、身体に効果を』。 周囲からいただく笑顔とひたむきな姿勢が心の栄養であり、人生のスパイスになっている。 またRunもYogaとほぼ同時期にスタート。当初は身体を絞るために始めたが、現在は「動く瞑想」としての存在に。仲間の誘いがきっかけでレースに出始め、今では駅伝~フルマラソンにシーズンで10本ほど出場。 過度な練習やケア不足でケガに悩む仲間を見て「安全に満足のいく走りを」と、Run後のストレッチや日常のケアについてのアドバイスを開始。所属のランニングクラブをメインにYogaでのサポートも行っている。